本文へスキップ

 学校法人東京女子医科大学 特例子会社

TEL 03-5155-1095

東京都新宿区若松町10-2東京女子医科大学健保会館1階

ハートサービスの挑戦

キャスト対談 第31弾

東京都立南大沢学園 田島 麗子 先生 × キャスト M さん




田:お久しぶりですね。
  今日は雪でしたが、朝大丈夫でしたか?

M :今日はいつもより20分遅くなってしまい、
  8時50分くらいに着きました。

田:東京で11月に雪が降るのは、
  何年ぶりか知っていますか?

M :54年振りです。

田:そうですね。
  今日は雪が降るから、
  気をつけようと思ったことはありましたか?

M :早く家を出て電車に乗りましたが、
  電車が遅れていつもより遅くなってしまいました。

田:今も54年とすぐに答えてくれましたが、
  以前から数字に強かった印象です。
  仕事にも活かされていますか?

M :数をぞえたり、
  数量を確認することは多くあります。

田:得意な仕事として、
  しっかりとできていますかね?

M :はい。確認のために2度数えています。

田:バッチリですね。
  ビジネスサポート部門で
  
検収業務をしていると聞きましたが、
  他の業務について教えてくれますか?

M :パソコン入力や、
  封筒・伝票などを各部署に配布する業務があります。
  あとは熊手のパーツ作成の業務もあります。

田:熊手パーツの業務は、
  先日2年生の実習があり、
  その際に見せてもらいました。
  特別な道具を使うのですよね?

M :以前はグルーガンを使っていたのですが、
  最近はボンドを使うことが多いです。

田:Mさんは手先が器用だから、
  得意な業務ですか?

M :しっかりと接着ができていなくて、
  竹串がパーツの札から剥がれてしまうこともあります。
  今は減ってはきていますが……。

田:それは、改善方法を見つけたのでしょうか?

M :指導員と相談し、
  ボンドを付けたあとの押さえる時間を増やしました。

田:問題点を考えて、
  今後はこうしようと対応できたのですね。
  あまり得意でない業務はありますか?

M :さまざまな業務があり、
  それぞれの細かな手順を覚えるのが
  不十分だと思っています。
  時々手順を間違えてしまう事があります。

田:そこはMさん自身が、
  自分の課題だと思っているのですかね。

M :体力面で、重い荷物を持ったりする事についても
  自分の課題だと思っています。

田:体力の事は、指導員さんからも聞いています。
  ですが、在学中から体力をつけるために
  努力をしていたのを担任の先生から聞いていますよ。

M :持続力はついてきたと思うのですが……。

田:今日はちょっと、
  在学時に取り組んだ記録を借りてきたのですが、見てみましょうか。
  1日階段を何段以上登るとか、体育館で走るとか、
  腹筋や腕立て伏せをするとか、1日千段以上の日もありますね。
  3年生の夏から入社まででしょうか?
  現在はどうですか?

M :今は正直やっていませんが、
  通勤時に階段を使うようにしています。

田:今でも少し続けているのですね。
  持久力はついたけど、
  あとは腕力ですかね。
  腕力はどうしたら鍛えられますかね?

M :……とにかく重い物を持つことぐらいしか
  思いつきません。

田:あとは、腕立て伏せも有効だと思いますので、
  再開してみませんか?

M :はい。

田:この記録は、
  Mさんに渡しますのでお持ち帰り下さいね。
  あと何を聞こうかな?
  Mさんから、何か話したいことはありますか?

M :あの……他の人の対談を読むとお給料のこととか、
  お休みのこととか……。

田:ではもう少し続けましょう。
  お給料の使い方について教えて下さい。

M :お昼代などに使っていますが、
  半分は貯金しています。

田:半分は貯金しているということですので、
  4月、5月、6月……結構貯金できていますかね。
  趣味とかに使うことはありますか?

M :カラオケ代は自分で払っています。
  1週間に1回くらい、母と行っています。

田:よく行くのですね。それは大事な楽しみですね。
  夏休みは旅行に行ったと聞きましたが?

M :母の実家の福岡に行きました。

田:そうだったのですね。
  お休みの日はカラオケに行くのと、
  あともう1日はどう過ごしているのですか?

M :日曜日はほどんど家にいます。

田:学校の友だちと会うことはしてる?

M :最近はあまりないです。

田:支援機関の方から、
  イベントに参加して下さいと言われてますかね?

M :はい。

田:参加できると、
  人との交流が広がると思いますので、
  ぜひご検討ください。

M :はい分かりました。

田:……そう、Mさんに聞きたいことがあったのです!
  在学中と社会人になってから変わったことは、
  色々あるとは思いますが、
  大きく変わったことは何でしょうか?

M :会社に入ると、お給料を貰えます。


田:そうですね。
  お給料を貰えることで、
  Mさんの気持ちはどのように変わりましたか?

M :仕事なので、
  以前よりしっかりやろうという気持ちになります。

田:責任感ですね。
  他には変わったことはありますか?

M :社会性やコミュニケーションについて、
  学校ではできなかったのですが、
  仕事では誰とでも対応できるようになったので、
  そこは自分で変わったなと思います。

田:仕事だから、
  誰とでもコミュニケーションを取らないといけない
  という意識になったのですね。
  最後に、社会人としてもっと身につけていきたいことや、
  スキルについて聞かせて下さい。

M :集中力が切れてしまうことがありました。
  あとは人とのコミュニケーションも
  以前よりできるようになってきましたが、
  表現力というか、
  内容が整理できていないことも多いので、
  整理したうえで落ち着いてできるようにしたいと思います。

田:在学中は、1つずつ確実に、
  丁寧に進めることができる生徒だなと思っていました。
  ハートサービスではMさんの課題を具体的に教えてもらえるので、
  今言ってくれたように、
  こうしたら良いと自分で理解して1つずつクリアしていけば、
  すごい人になれると思います。
  期待していますね。

M :はい、わかりました。
  本日はありがとうございました。


[協力]
東京都立南大沢学園

東京女子医科大学大学ニュース 2016年12月第765号より

BACK(第30弾) <

NEXT(第32弾) >

MENU(目次) <<