本文へスキップ

 学校法人東京女子医科大学 特例子会社

TEL 03-5155-1095

東京都新宿区若松町10-2東京女子医科大学健保会館1階

ハートサービスの挑戦

キャスト対談 第23弾

キャスト Mさん × 支援員 松本 章 様



松本 章。
特定非営利活動法人ネットワーク豊友
地域活動支援センターフレンド所長。
松:まずは一人暮らしについて聞かせて下さい。
  グループホームを出たのは3月でしたよね。
  一人暮らしはどうですか?

M :はい、今年の3月から始めました。
  前のグループホームの時は2階に交流室があって、
  判子を押してから、
  誰かしらいるのでちょっとお話できて、
  安心感がありました。

松:判子?

M :無事という事の確認で、
  毎日押すようになっていました。
  まとめて押す事もありました。

松:まとめて無事を確認するのね。
  それ面白いね。
  グループホームの前はご実家にいたのでしたよね?

M :はい。ずっと実家にいました。

松:一人暮らしを始めて9か月ですよね。
  一人暮らしは休日他の人から干渉されないので、
  ゆっくりできるのは良いのだけど、
  自分で決まり事を作らないと、
  どこまでも緩くなってしまうよね。
  社会人として生活をしていく為には、
  自分で生活をたてて、
  会社にも行かなければいけないですよね。
  フレンドにはきちんと通えていたので、
  生活リズムはきちんとできていたと思うのですが、
  今はどうですか?
  慣れましたか?

 M :慣れました。一人暮らしを始めた時は、
   引っ越しとハートサービスでの実習もあって、
   それとフレンドでの文化交流会もあって、
   その時は色々重なって忙しかったのですが、
   今はきちんと寝られています。
   毎日自炊もしていて、お弁当は買わなくなりました。
   最近は残り物をどうしようかなとか考えるのも楽しいです!

松:食事だけではなくて、
  洗濯や掃除もしているの?

M :土日はいつも洗濯から朝はじまります。
  天気の悪い時は部屋干しですけど、
  天気が良い時は外に干したいので、
  ベランダ一杯に干しています。

松:すごいですね。
  仕事と一人暮らしが同時期になって、
  でも生活の基礎を組み立てる上でそれがかえって
  良かったのかもしれませんね。
  仕事の方は半年たってどうですか?

M :あっという間に半年たちました。
  ちゃんと仕事を覚えられていないかなと不安です。
  12月には新しいキャストが入社してきました。

松:既に後輩もできたの?

M :12月に5名入社しました。
  自分はもう新人じゃないだなと気持ちが引き締まります。

松:仕事はどんな事をしていますか?

M :仕事は色々あります。
  メール便の仕分けだったり、
  パソコンの業務もあります。

松:フレンド出身のキャストAさんが
  会社の立ち上げ時から勤めていて、
  当初はメール便と清掃が主な業務だったかと思います。
  その時と比べると本当に増えました。
  様々な業務を覚えるのは大変じゃない?

M :そうですね。
  入社当初は仕事を覚えるのが大変で、
  家に帰るとグターとなってしまう事もありました。
  でも今は少し慣れてきたかなと思います。

松:どんな仕事も慣れるまでは大変ですよね。
  働く上でのコミュニケーションは取れていますか?

M :皆さんお昼の時間は和気あいあいとしていますが、
  仕事になるときちんと取り組んでいて、
  場面場面で切り替えができていて、
  すごいなと思います。

 松:フレンドにいた時、
   きちんと仕事内容を整理して、
   皆を引っ張っていってくれていたので、
   そういうMさんの良い部分が
   会社でも活かされると良いなと思っています。
   体調管理はどうですか?
   できていますか?

M :3か月前に腰を痛めてしまいました。
  坐骨神経痛で動けなくなくなって、
  会社を休んでしまい、
  迷惑をかけてしまいました。
  週1回リハビリに通っていて、
  今は動けるようになって良かったです。

松:色々な仕事があるから、
  屈んで仕事をしなければならない時もあるよね。

M :指導員さんが、
  この仕事はしなくて良いよと言ってくれたり、
  配慮してもらっているので有り難いです。

松:それは良かったですね。
  でもあまり無理はしないで下さいね。
  会社での事を指導員の方など
  色々な方に自分から相談する事はできていますか?

M :自分の事を言うのが苦手で、
  溜めこんでしまいます。

松:自分の事を溜めこまないというのは、
  入社当初から課題でしたよね。

M :半年たって……
  あまり変われていない気がします。

松:ジェイ・アイ ハートサービスさんは
  指導員が何人もいて、
  話をし易い環境だと思います。
  今後は臆せず話ができると良いですね。

M :はい、分かりました。

(隣室のキャストルームから賑やかな声が聞こえてきて)

松:今日は賑やかですね。

M :レイアウトの変更をしています。
  机やパソコンの移動をしていて、
  それでですかね。
  今日はお昼の時間も楽しく過ごせました。

松:何の話で盛り上がったの?


M :妖怪ウォッチのジバニャンや、
  自撮り棒を知っているか、知らないか?
  ということで、皆で盛り上がりました。
  でも私は自撮り棒って焼き鳥の棒だと思っていて。

松:焼き鳥……?
  地鶏の棒ね、なるほど!(笑)
  休憩中はリラックスできているようで良かった。
  今日対談をして、とても安心しましたよ。

M :本日は有難うございました。


〔協力〕
特定非営利活動法人ネットワーク豊友
地域活動支援センターフレンド


東京女子医科大学大学ニュース 2016年1月 第754号より

BACK(第22弾) <

NEXT(第24弾) >

MENU(目次) <<