本文へスキップ

 学校法人東京女子医科大学 特例子会社

TEL 03-5155-1095

東京都新宿区若松町10-2東京女子医科大学健保会館1階

ハートサービスの挑戦

キャスト対談 第9弾

支援員 麻田 妙子 様 × キャスト Sさん



麻田 妙子(精神保健福祉士・社会福祉士・産業カウンセラー)。
公益財団法人練馬区障害者就労促進協会 レインボーワーク所属。

S・麻:よろしくおねがいします。

麻:S さんがハートサービスに入社したのはいつでしたっけ?

S :平成25年12月です。

麻:そろそろ就職して1年ですかぁ!
  たしか、女子医大とのご縁はもっと長いんですよね?

S :小さいころからの通院先が女子医大病院だったので。
  今でも3か月に1回通院しています。
  それに、腰痛になったときもすぐ女子医大にかかれて。
  ほんとに助かりました。

麻:親近感のあるところに勤められて良かったじゃないですか!
  Sさんは転職ということで、
  今まで経験の無い業種にチャレンジしたわけですが、
  最近は主にどんな仕事をしていますか?

S :封入・封緘や、ラベル貼り、バーコードスキャンなどの事務仕事、
  東医療センターの園芸、車椅子整備のお仕事など、たくさんあります。

麻:前職の仕事とはずいぶん違いますよね。

S :事務仕事は好きで、前からやりたいと思っていたんです。

麻:パソコンの仕事もありますよね。
  やってみて、どうですか?

S :好きですよ!
  あまり仕事は入ってこないですが……。

麻:仕事をしていて楽しい事、なにかありますか?

 S :コミュニケーションを取りながら、
   チームで仕事ができるのは楽しいです。

 麻:今までに「困った!」という事はなにかありますか?

 S :私の声が小さくて、注意を受けたことですかねぇ。

 麻:キャストのみなさんは声が大きいですもんね。

S :最初はできなかったんですけど、
  だんだん声が出るようになってきました。

麻:最近は大きな声で挨拶できるようになったそうじゃないですか!
  指導員さんから聞いていますよ。とても嬉しいです。
  以前と比べると、本当に変わったなぁって思います。

S :ありがとうございます(笑)。

麻:レインボーワークで、ビジネスマナーはみっちりやりましたもんね。

S :月2回、仕事のあとに1時間半ですから……けっこう大変でした!

麻:とても変わりましたよー! 頑張った甲斐がありましたね。
  Sさんがレインボーワークに来るたびに、
  うちの職員はみんな「Sさんずいぶん変わったなぁ!」って言っていました。
  自信持ってください!

S :最近は少しずつですけど自信がついてきました。
  めげずに続けて良かったです。

麻:すばらしいですねぇ!
  服装とかお化粧もずいぶん変わりましたよ。

S :社会人ですから(笑)。

麻:自ら「社会人であること」を意識することは、大切ですからね。
  では、仕事の上で目標はなんでしょう?

S :私は漢字が苦手なので、漢字を頑張りたいですね。

麻:アルファベットも頑張ってできるようになってきましたから、
  漢字も出来るようになりますよ!
  漢検を受けるんでしたよね。勉強していますか?

S :頑張っています。


麻:Sさんはたくさんのキャストの方と仕事をしていますが、
  人間関係はどうですか?

S :今はキャストが21名になりました。
  みんな仲がいいですよ!

麻:協力して仕事をすることが徹底していますが、Sさんはどうですか?
  皆さんと協力できていますか?

S :ほとんど初対面ですからね。
  最初はコミュニケーションがとりにくかったんですが、今はできています。

麻:4月からは後輩も入って、今はもう先輩ですね。
  後輩に接するうえで、どんな事に気をつけていますか?

S :仕事についても、なるべく丁寧に教えています。
  でも仕事のことばかりだと人間関係は膨らまないですから、
  プライベートのことも話したりして。
  困っていることや大変なことはみんな違うので、
  とにかく親切を心掛けています。

 麻:女性のキャストと仲が良いところをよく見かけますけど、
   プライベートでも仲が良いんですか?

 S :休みの日とかに、一緒に出かけたりしますね。
   買い物とか。

 麻:キャストの方は年齢も幅広いですが、お話しづらくはないですか?

S :話し易い人も多いですよ。
  もしかしたら、昔の私だったら話せなかったかもしれませんが、
  今はもう慣れました!

麻:指導員さんたちにはいろいろと相談できていますか?

S :困っている時は相談したりしています。
  明るい人が多いので、とても楽しいです。
  仕事で注意を受けることもありましたが、
  できていることはきちっと認めてもらえて、
  ありがたいと思っています。

麻:仕事の成果が、Sさんの成長に繋がっているということですね。
  では、お給料はどんな風に使っていますか?

S :貯金したり、旅行に行ったりですね。

麻:旅行ですか、良いですねぇ。
  最近ではどこに行きましたか?

S :母の実家がある神戸に行ったりしています。
  今までは交通費とか面倒見てもらっていたんですが、
  これからは自分で払っていこうと思います(笑)。

麻:他に小物も好きですよね。
  そういうのは自分で買っていますか?

S :そうですね。
  ファッションにも興味が湧いてきました。

麻:社会人、ですもんね(笑)。

S :これからも社会人としての意識をしっかり持って、
  頑張っていきたいと思っています。

麻:期待していますよ!

S :ありがとうございます。


〔協力〕
公益財団法人練馬区障害者就労促進協会 レインボーワーク
http://www.rainbowwork.jp/

東京女子医科大学大学ニュース 2014年10月 第739号より

BACK(第8弾) <

NEXT(第10弾) >

MENU(目次) <<