本文へスキップ

 学校法人東京女子医科大学 特例子会社

TEL 03-5155-1095

東京都新宿区若松町10-2東京女子医科大学健保会館1階

ハートサービスの挑戦

キャスト対談 第10弾

キャスト Mさん × 支援員 吉岡 由美 様



吉岡 由美(地域開拓促進コーディネーター・ジョブコーチ)。
社会福祉法人東京コロニー 東村山市障害者就労支援室所属。
M・吉:よろしくお願いします。

吉:去年の12月ですよね、入社は。
  10ヶ月たってどうですか?
  慣れてきましたか?

M :少しずつですが、慣れてきたと思います。

吉:昔と今とで、Mさんの中で変わった点はなんですか?

M :最初はなかなか仕事を覚えきれていない部分もあったので、
  難しさを感じましたけど、今はいろんな業務を理解できてきて、
  仕事ができるようになってきました。

吉:仕事も増えてきましたよね。
  Mさんはとても努力家なので、いろいろと吸収できるし、
  指導員の方からは戦力になると聞いているので、
  今後も頑張ってください!
  それでは、今の業務の中で好きな仕事は何ですか?

M :新しく入ったメール便の業務が好きです。

吉:メール便ですか、どんなところが?

M :日によって郵便物の量が違うのでたくさん来て
  大変なときもあるんですけど、
  ひとつひとつ覚えながら正確に入れられたときはうれしいです。
  すごくやりがいを感じる仕事です。

吉:Mさんはすごく正確さを求めるタイプですもんね。

M :間違えないように気をつけています。

吉:ミスをなくそう!というその姿勢がすばらしいと思いますよ。
  Mさんは常に成長を意識しているんだな、って感じます。
  それに、間違えなかったことでモチベーションに
  つながっているんでしょうね。

M :間違えずに入れられると、うれしいですね。

吉:今はユニットに分かれて仕事をしていますが、
  ユニットの仲間とはどうですか?


 M :初めの頃はなかなか自分でも
   周りの方々と打ち解けることが出来ないな、
   と思ったんですけど、
   今はだいぶ慣れてきたということもあって、
   お昼休憩などでも、
   ずいぶん話が出来るように、
   なってきたと思っています。


吉:お話をするということに慣れることができたんでしょうね。
  それはとてもうれしいことですよね!
  お休みの日も、キャストの方と一緒にお出かけしているんですか?

M :そうですね。
  他のキャストと約束をしたり、
  計画を立てたりしまして、
  いろんなところに行ったりしています。

吉:ちなみに、どこに行ったのが一番楽しかったですか?

M :ディズニーランドが楽しかったですね。

吉:ディズニーにはキャストの方と行ったのが
  初めてなんですよね。
  一番楽しかったことはなんですか?

M :初めて行ったので、
  全体的にみんなでワイワイ楽しめたってところが良かったです。

吉:気の合うキャストと行かれたことが楽しかったんですね。
  今まで、友だちとどこかに行ったという経験はありますか?

M :なかったですね。

吉:いろんな初めてがあってよかったですね。
  地元でも、お出かけしていますよね?
  お祭りで会いましたもんね!

M :地元はひとりで行くことが多いです。

吉:昔の友だちとかに会ったりしたら、なにか言われますか?

M :「仕事どうですか?」とか「頑張ってね!」とか言ってくれて、
  うれしいですね。

吉:いろんな人がMさんのことを応援していますよ。
  この会社に入って、
  「自分の何かが変わったな」っていうことはありますか?

M :入社してから、良いときも悪いときも、
  みんなで協力する大切さなどを学びました。

吉:前職のときは一人ひとりの仕事でしたけど、
  ここではユニットの中で協力しながらという仕事が
  多いですもんね。
  協力の大切さを知って、どうですか?

M :ますます大切だと感じました。

吉:生きていくことひとつをとっても、
  ひとりじゃ生きていかれないですもんね。
  仕事以外のところでも、
  人間関係の大切さを習得しているんですね。
  実際に休みの日に出かけたりとか
  人と関わる楽しさを学んできているので、
  どんどん成長していますよ!
  楽しいことを覚えて、ますます良い人生になると良いですね!
  話は変わりますが、
  これから就職したい人たちに向けてのアドバイスが欲しいです。
  順調に仕事を進めるコツって何ですか?

M :毎日、時間を見ながら行動したり、
  目標を決めたら自分で頑張ることなどを心がけています。

吉:今の目標は何ですか?

M :積極的にいろんな事を行うことです。

吉:最近これを積極的にやってるぞ!っていうものは何ですか?

M :実習生の方が来られているんですが、
  その方に業務の手順や道の案内などを
  積極的に教えるように心掛けています。

吉:実習生は初めての場所ということもあって、
  すごく緊張していますもんね。
  Mさんが実習したときには、
  優しい先輩がいると安心しましたよね。

M :そうですね。

吉:今の実習生も、安心して実習できるかどうかは
  先輩によりますもんね。
  でも教えるって難しいですよね!
  教えるうえで困ることって何かありますか?

M :初めて入ってきた業務などで、
  自分でもあまりやったことのない業務を教えるのは
  難しい部分もありますけど、
  メモに取ったり紙を見ながら頭の中で手順などを
  確認・整理するようにしています。
  自分が実習生だったときは、
  先輩に教えてもらってすごく安心して
  業務に取り組めたと感じています。
  実習生さんにも不安にならないように
  取り組んでいただきたいと思っているので、
  実習生さんの立場とかを考えて
  わかりやすく説明できるようにしています。


 吉:相手の立場も考えながら
   不安にならないように、
   心掛けながらって、さすがですね!
   Mさんだからこそ出来ることですよ。
   自分でも初めての業務を教えるのは
   難しいですよね。
   どうしてもわからないときはどうしますか?


M :指導員さんや先輩に確認したり、メモを取ったものをみたりします。

吉:それが大事ですよね。
  完璧な先輩にもあこがれますが、
  わからないときにどうしたら良いのかを
  見せるのも大切なことですよね。
  堂々と聴いている背中を見せてあげるのも大切です。
  Mさんは実習生の前で失敗したことってありますか?

M :あります。
  失敗するときもあるんですけど、
  自分も実習生と一緒に成長していかれたら
  良いなと思っています。

吉:先輩だって間違えるときはありますからね。
  失敗を堂々と見せるのも大切ですし、
  実習生と共に成長しようという気持ちは
  素晴らしいですね。
  ここの先輩たちは、すごく優しい人が多いですか?

M :先輩に助けられることはたくさんありますね。

吉:その人の良いところを見ながら、
  ますます成長できるよう頑張ってください。
  ところで、将来の夢って何かありますか?

M :仕事の面で言いますと、
  長く続けていかれるようにしていきたいと思います。
  仕事以外では、
  お金が貯まったらいろんなところに行かれたら良いなと思っています。
  旅行とかイベントとかに行ってみたいですね。

吉:MさんはけっこうたくさんCD持っているんですよね。

M :AKBが好きですね(笑)。

吉:そういった仕事以外の楽しみもあると良いですよね。
  さいごに、
  ハートサービスはMさんにとってどんな場所ですか?

M :自分にとって成長できる場所です。

吉:良いところにめぐり合いましたね。
  ここに就職して、本当に良かったと思います。
  ますます大活躍していってください。
  またなにかあったら相談してください。

M :ありがとうございました。


〔協力〕
社会福祉法人東京コロニー 東村山市障害者就労支援室
http://www.colony.gr.jp/

東京女子医科大学大学ニュース 2014年11月 第740号より